メジャー2(メジャーセカンド)119話の感想ネタバレ 卜部…

メジャー2の119話を読んで思ったんですが、試合展開が早いですね。

今回の119話で清和中との試合は、終盤の6回まで進みます。

(中学野球は7回までなので)

卜部は慢心があるなあと感じた回でした。

>>メジャー2最新話までのこのブログの記事一覧

メジャー2 119話の感想(ネタバレあり)

卜部が出塁します。

セカンドの沢さんが卜部の打球に飛びつくのですが、ほんのわずかな差でセーフになってしまいます。

卜部は監督からの盗塁の指示を待っていたのですが、監督からは待ての指示。

前の回でアニータに盗塁を阻止されたことで、清和中の監督は慎重になっているようです。

しかし気に入らないのは卜部。

一回アウトになったくらいで守りに入ってると、監督の指示に不満ありありの様子。

その時でした。

アニータから早い送球が。

卜部はアウトになります。

卜部の言い訳によると、左打者のアンディの影に隠れて見えにくかった。

そして女子選手が座ったままの状態で、あんな早い送球ができるとは。

まあ卜部の油断ですね。

ベンチに戻る卜部を監督がたしなめます。

 

卜部と睦子が好投して、2回以降は両チーム無得点のまま。

スコアは2-2から動きません。

そして迎える6回表、清和中の攻撃。

1番からの好打順です。

ベンチでは卜部が「佐倉達相手にここまで苦戦するとは…」

アンディはバッターの応援しているのに…。

この1番バッターはライトへの大きな打球を打ちます。

追いかけるのはライト仁科。

飛びつきますがボールに届かず、ボールは転々と後方へと転がっていきます。

カバーするのはセンター千里。

打ったランナーは、ライトがボールを後逸したと見るや、セカンドを周りサードを狙います。

沢が中継してサードへ送球。

サード関鳥がキャッチしてタッチに行きますが、ランナーの足とグローブが接触して、ボールがこぼれてしまいます。

転がった場所はだれもカバーしていないホーム方向。

アニータが捕球に行こうとします。

そしてランナーはホーム突入を選択。

ここで119話は終わりです。

卜部は油断があるのかミスしますね。

投球では初回の失点以外は無得点に抑えていますが。

119話の終わりは清和中に決勝点を与えそう流れですね。

やはり風中はこの清和中戦で敗戦になりそうです。