BEASTARSの52話を読みました。

この話は、2017年9月28日発売の週刊少年チャンピオン2017年44号に掲載されています。

>>BEASTARSの最新話までの記事一覧はこちら

隕石祭の告白のあと、ジュノとレゴシがどうなったかが語られました。

まあレゴシらしい勘違いというか。

そしてジュノの隕石祭での演説が良い影響を草食獣に与えているようです。

今回の話で最も気になったのは、タイトルにもなっているビースターについて話が進み始めたことでした。

ビースターは、レゴシ達が通うチェリートン学園全体のリーダーという存在です。

ただ、その存在はチェリートン学園だけでなく、学園外にも知られた影響力のある存在のようです。

実際、シシ組の組員がルイ先輩がビースターの有力候補であることを新聞で見たと言っていました。

シシ組の組員が読む新聞ですから、学園新聞とかではなく、普通の新聞なのでしょう。

そういった一般の新聞でも取り上げられるほどビースターは大きな存在ということが分かります。

今回、チェリートン学園の校長が全種族の長が参加する評議会に呼び出されたことが分かります。

その評議会でチェリートン学園のビースターを決めるのだそうです。

どうして全種族の長が参加する評議会でビースターを決めるかというと、チェリートン学園で大きなうねりが起こりつつ有るから、それを上手く対処できるビースターを選ぼうとしているそうです。

ただ、今回のこの52話の説明だけだと、まだはっきりしない部分が多いですね。

そして、52話の最後に登場した恐らくビースター候補の3匹の獣。

ルイ先輩、ジュノ、そしてシルエットのかかった獣。

最後の獣は誰なんでしょうかね?

新しいキャラクターなのでしょうか?

次回の53話が気になりますね。

隕石祭編が終了して、これからはビースター編がスタートといった感じでしょうか?

退学を予定しているルイ先輩がどう絡んでくるか楽しみですね。

次回の53話は2017年10月5日発売の週刊少年チャンピオン2017年45号に掲載されます。

今回の52話が掲載されていたチャンピオン44号の電子版は今回も半額で販売されていました。

これで半額で販売されるのは3週連続。

次回の45号も半額で販売されると嬉しいですね。

時々、秋田書店はチャンピオンなどの雑誌の安売りをしてくれるのはうれしいですね。

今まで一番驚いたのは10円で販売していた時でした。

また10円セールしてくれないかな?